ハゲる前に挑戦したい薄毛対策ケア

薄毛は事前のケアが効果を発揮する!ハゲる前にしておきたい育毛ケアやおすすめの育毛剤やシャンプーなどもご紹介。
MENU

薄毛対策のフィナステリド、副作用に対する間違った認識!

 

薄毛の特効薬として知られるフィナステリド。

 

日本でも十年ほど前からプロペシアとして一般的にも認知されるようになり、多くの薄毛で悩む方々が病院で処方してもらっています。

 

しかし、フィナステリドについてこんな噂を聞いてことはないでしょうか?

 

  • フィナステリドには危険な副作用がる
  • 精力が減退する
  • ED(勃起障害)になる
  • 精子の質が低下して子供ができにくくなる
  • 癌になる

 

これらは大袈裟に誇張されている都市伝説です。

 

たしかにフィナステリドには、脱毛原因であるDHTを生成しているうちの一つ、還元酵素5αリダクターゼ2型を阻害する働きがあるため、抜け毛を予防や抜け毛防止には効果を発揮しますが、一方で副作用があるのはたしかです。

 

ただし、副作用というと何か怖いようなイメージを持たれる方が多いのですが、フィナステリドの副作用は非常に軽微なものです。メリットと比較してもそこまで気にする必要はありません。

 

例えば、風邪薬を飲んだあとにちょっとだけ眠たくなる。これも副作用です。ちょっとだけ眠くなるから、風邪を引いたけど風邪薬を飲むのは我慢しよう!こんな人はいないと思います。

 

フィナステリドの副作用のうち、精力減退などがよく言われますが、これはもプラシーボ効果によるものがほとんどで稀なことなので、あまり深刻に考えすぎるのも問題です。

 

つまり、思い込みによる自己暗示でそのような気分になるというだけで、本当は気にしなければほとんどの人は体にはなんの変化も起こらないのです。

 

また、若くして薄毛になりフィナステリドを飲むときに、将来の子作りのことを考えたら…と不安になる方もいるようですが、そこまで不安視する必要はありません。

 

心配ならば、きちんと専門医にいって相談すればいいだけの話です。ただし、

 

女性の方は使用が禁止されているので飲み込んだり触れたりしないよう注意は必要です。

 

AGA対策はとくに早いうちからやるのが大事なので、間違った情報で振り回されるのはあまりにももったいないと思います。

このページの先頭へ